読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10 o'clock

10:00のブログです。楽しみの話など。

昔の話ですが、メモですメモ

1週間まえくらいのにっけい産業を読んでいろいろ書く。
一面から読むので環境系の記事が多くなってしまう。メモですよメモ。

10万人2年間のログを顧客に開放
オプト。本人の了承を得て収集したログを特定できないレベルで顧客に開放するサービス。頭いい人なら特定しそうだなあ。すごく絞って渡すみたいなので大丈夫なのだろうなあ。2万人もログ取りOKだした人がいたのがびっくりだわ。
クアルコムのシャープ出資は対アジア戦略
スマホタブレットのディスプレーを握ることでソフトまで含めて提供する台湾の半導体メーカーに対抗したいとのこと。次は電池狙いで間違いなし。
脱原発、国際社会での役割も考えて
「ECO焦点インタビュー」。再生エネルギーを推進するのはいいが、担うべき国民負担が明示されてないのは不誠実。注力すべき分野で蓄電池に加えてスマートグリッドを加えたのは評価。組み合わせの技術に日本の強みがいかされる。単純に資金支援するだけでなく、国内企業に補助金を優先し、産業競争力を強める必要がある。海外の再生エネルギー施策は結局海外に金が流れるだけになってしまってるのが多々。温暖化のことも忘れないで。なるほど。感情論に流されちゃだめだな、と。それが大人の役割なのだろうと思いました。
ネットメディア各社が選挙関連で動く
個人的にはあまり好きくないのですが。各所で報道されてるとおり、情報発信やサイト更新は禁止らしいです。ただ条文や法令がないので線引きができない状態。いろいろ裁判おこったりするのだろうか。
シャープがタワレコに納品
180型相当の電子看板を渋谷店に。台湾企業との連携で稼働率が急回復してるとのことで。
ステマではない。クラウドソーシング
イノーバ。ネット検索する人向けの質の高い記事を提供して、商取引サイトへ誘導するとのことで。SNSへの通知ってのが含まれててなんか嫌な感じですが、おもったより全うな感じ。レビューはしないのでステマじゃない、というのが締めの一文に入っててなんともw
肥満の矛盾を解明
東北大。栄養を取りすぎると脂肪を燃やして体重が増えないようにする作用があるはずなのに、そうではない人も多い。この仕組みを解明。肝臓に糖分が過剰摂取されると脳が反応して脂肪を燃やす細胞に指示を出しているためとのこと。このとき動く酵素が働く反応が脳に伝わると増えちゃうらしい。なんでこんなことになってるのだろう、と疑問がわきます。記憶にとどめておこう。
フィリピンでパチモンバイク出回る
お決まりの中国製。一緒なのが側だけ。安全性に問題がある場合も多いとのことで、日本企業はキャンペーン打ってるとのことで。さすがにこれは声上げないと、日本製のブランド価値にもかかわることですし。ン万ケチって命失ったらなんにもならないってことわかってもらわないとなあ。
上海にドリームワークスが施設建設計画
USJみたいのプラス製作会社で、プロジェクト名は「東方ドリームワークス」だそうです。たぶん現地では東方プロジェクトと呼ばれちゃうんだろうなあ。日本企業にも声かけてるみたいですがはたしてどう動くか。
炭素繊維を使った自動車部品
帝人。GMと共同開発とのことで。鉄より10倍強く軽い素材。日本車にこそ乗せて欲しいけど、顧客安全を考えると実績でるまで使えないだろうなあ、メーカーさんは。
超耐熱性のセラミックス繊維
宇部興産の「チラノ繊維」。熱に強いし合金の1/3軽いすごい素材。さらに高温でも変形したり弱くなったりしない。ただ単価が高すぎ普及にいたらなかった。ディーゼル規制の影響で有害物質除去フィルターとしての活用として市場に浸透しはじめ、さらに先を目指しているとのことで。まさに「お高いんでしょう」を地で行く製品だったわけですが。
オレンジカード、ご苦労様
ICカードの普及に伴うお役ごめん。マニアの人動いたりするのかな。懐かしいです。しばらくは使用できるようにするとのことで、さすが国を代表する企業は違うなあ、と。
光学の板橋
産業集積地としてのブランディングに乗り出しています。国際会議の誘致も成功。ゆるキャラとか作って欲しいですね。期待。
007の契約は次作まで
ソニー・ピクチャーズ。人気ブランドの争奪戦が激しさを増しているとのことで。ディズニーの攻勢がすごいです。マーベルってディズニー傘下とは知らんかった。スパイダーマンとかXメンはレンタル移籍というか、映画化権を貸し出してる状態とか。アベンジャーズできたのに、ジャスティスリーグやらないのはこの辺がごたごたしてるからなのか? 映画界はスケールでかすぎてピンとこないですねー。
一太郎キーエンスのスピリッツが入ってる
キーエンス傘下に入り、体質改善を成し遂げたジャストシステムのお話。レビュー記事でも見てみるかな、と思える記事。

明日は後ろから読んでみるか。