読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エキサイティング

雑感

4000年は長い。ここの文化はエキサイティングです。

おどろきの中国 (講談社現代新書)

おどろきの中国 (講談社現代新書)

まだ途中までしか読んでないんですが、伊達に長い歴史を刻んでないなというか、奥が深いというか、先輩方がハマっちゃったのも理解できます。過剰に美化しちゃったのは反省してね。
なんで中国人は中国人でいられるのかとか、毛沢東をアレだけ美化できるのはなぜかとか、もう面白いというか、このシステム作り上げた人らはすごすぎですわ。合理的な部分と、仕方ないから適当に押し切っちゃう(というと御幣ありますけど)な部分の絶妙な配分がなんとも。みんな自己主張が強いから、とりあえずなんにでも順列つけてあるというのは、元祖連合国家ならではというか。現地の人に同情したくもなったりで、頭の体操にいいですね。
この手の本読んでいつも思うのは、日本の特異さですね。もしかして以前ワンダーライフ(読んでたんですよ)が言ってた日本以外が変なのかも、なんですが、このへんはどんな話するにせよ、頭においといた方がいいですね。
この本の鼎談というフォーマットも自分に合うのかも。対談やら鼎談の本って、すごく楽しく読めます。他人の会話盗み聞きしてるみたいで楽しいw 案外自分に向けて話されたことって頭に残らなかったりするのでw
これからこの国関連のニュースとか見ても、いろいろ違った見方ができそうです。続きが楽しみ。