読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10 o'clock

10:00のブログです。楽しみの話など。

星の鼓動が聞こえる…

Yes! BanG_Dream!

香澄キャラソンの情報追加

以前に公開されてたのかな、c/wは、ティアドロップスのacoustic ver. 店舗特典も公開されてます。バンドリ!の旗艦店は完全にゲーマーズな感じ。まあ社長の古巣ですもんね。ティアドロップスは、ライブで披露されたものに準じたものか、まったく新たなアレンジか、楽しみです。

ガルパ、協力ライブの修正予告

ゲーム内のみの告知なので、ブログに書くべきか微妙ですが、実施されるようです。お詫びとしてスター配布があるので、今日の更新のタイトルとなったわけですね。お詫びとか、なんらかのキャンペーンで、スター配布の予感がしたときは、「星の鼓動が聞こえる」ってつぶやいたり、ニコ生ならコメ残したり、お約束とは言わないまでも、ネタとして発生しちゃうかもしれませんw

もろもろ雑感

今日は3rdライブの特番でした。

舞台裏まであって、意外に気合いの入った番組でした。

映像を落ち着いて見てみて、わかったというか気づいたというか。

バンドリ!って、対比というかコントラストを軸にいろいろ組み立ててる感じだなあ、と。

ギターというか、音楽に呼ばれたのがポピパで、音楽にわき目もふらずにまい進するのがRoseliaとか、ライブでもポピパのDr.、KeyとRoseliaのDr. Keyの立ち位置が逆なのは、前に立つ人との対比関係になってるのかな、と。Roseliaは特にわかりやすくて、熱いプレイをしててもクールっぽさが漂う工藤さんの後ろに、大仕掛けを体現しているような櫻川さんがいて、おとなしめの明坂さんの前に、全身存在感の遠藤さんがいる、ってのは対比としても、絵柄としても美しい。ポピパもマスコット的存在の伊藤さんの前に、大塚さんがいるのは、しっくりくる。ポピパは単純にリズム隊を固めてるだけかもですが(笑)

その他いろいろありそうです。

 あと、ポピパ単独の話で。いわゆるメジャー展開後のライブを通しで見てみると、1stでスタートラインに立って、2ndでバンドとしての関係性を完成させ、3rdで演奏面、特に歌ですね、をさらにアップグレードさせている、という流れはすごくいいなあ、と思ったり。

次は武道館なんですが、聖地ということもあって、ある種のゴール的なイメージもつきまといます。ゲストは呼ぶのか、とか、どういう流れにするのか、とか全然わからないのですが、次のステップとしてなにを見せてくれるのか、という点も楽しみにしています。ツアーやってほしいけど、みなさんお忙しですからね。

ポピパ、Roselia、前島さん、伊藤さん、Afterglowは佐倉さん来てくれるのかな、で、ガールズバンドパーティーのライブを見てみたい、というのもあります。現状の2バンド以外は、バンド形態にこだわることないですし、実際無理でしょう。Pastel*Palettesは「事務所」がついてますし、ハロー、ハッピーワールド!のこころちゃんは金持ちなので、そっち方面のコネでバックバンド連れてきた、みたいな設定でいけるんじゃないかと思ってます。音源でもいいですけど、アテ振りだけは嫌だなあ、と思ったり。

今日の特番で、アニメのOP、EDの歌唱見て、愛美さんすげーな、と改めて実感もできました。ライブ感のさじ加減が絶妙で、今までわたしは何を見ていたんだろう、という気分に(笑) あれはすばらしいです、ホント。忙しいのにはっしーが、というかホリプロさんが、バンドリ!の仕事受けたのは、愛美さんのこのスキルというかセンスを見抜いてたんかな、と。シンデレラガールズでも言われてたことですが、はっしーは歌もダンスもキッチリしすぎるほどキッチリしていて、はっしーのソロのイベントで歌聴いたときにも思ったことなんですよね。

この前、はっしーのライブ行ったんですが、バンドさんのご尽力もあって、以前聴いたときの「CDながしてんじゃないのか」レベルのキッチリ感は、ほとんど感じなかったです。今考えると、バンドリのフィードバックなのかな、なんて思います。一緒に歌って、演奏して、感じることもあるんだろうな、と。はっしーのライブでいうと、歌もダンスもMCも素晴らしかったのですが、一番印象に残ってるのは、皮ジャン着たはっしーが「ヤヌスの鏡」みたいだったこと。優等生じゃないんだけど、テンプレ悪が似合わないという(笑)

いろいろ発見とか気づきがあって面白いですね。期待薄かなーと思ってるんですが、キャスト、スタッフのインタビューや歴史を含めた、バンドリファンブックも欲しいところ。関係者みんな熱いイメージがあるので、言葉を聞いてみたいです。

長々と失礼しましたー