読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10 o'clock

10:00のブログです。楽しみの話など。

3月26日のBanG Dream!

Po! Pi! Pa!

今日はAJ2017ポピパデーですね。

バンドリ!スペシャトークイベント<ガルパ ステージ!>

freshlive.tv

ガルパ ステージは昨日の進行とほぼ同じですね。 昨日のRoseliaや三澤さん、前島さん、伊藤美来さんのステージに触発されたのか、いままで以上にフリーダムというか、ライブ感を重視したステージでした。昨日の公録でなんかあったのかもしれません(笑) オーディエンスを楽しませるために、まず自分たちが楽しむ、ってところでしょうか。

今回も楽器のワンフレーズ披露→自己紹介の流れがあったのですが、実はここがポピパの弱点ともいえるところで。

彼女らって、(多少の経験はあるにしろ)プロとして楽器を、バンドを始めているが故に、おそらくすごく効率化されていて、演奏を、ライブをするのに必要な練習に、時間のほとんどを割り振ってると思うんですよね。普段の仕事の合間に、西本さんと伊藤さんはそれに加えて学業の間に、密度の濃い最適化された集中してやってるので、「楽器で遊ぶ」時間がほとんどない。

ロック、ポップス系のミュージシャンってたぶん、音楽をやりたい、楽器をやりたいという初期衝動そのままでずっとそれを継続して、そのままプロに至った方がほとんどかと。素人が教則本など見ながら、気持ちだけでやってるんだから、飽きもするし、いろいろ遊んだりもするんですよね。今ならスマホとかなのかもですが、いちいちTVつけると時間食われちゃうし、ゲーム起動したり本読んだりもそこそこ気力いるので、練習している楽器で、既存の知識からフレーズこねくり回したり、リフ作ったりして遊んだりする。そういう中から、手に、心になじむフレーズ、手ぐせとか呼ばれるものとか、得意な進行とか出てきたりする。

そういう時間があるので、プロに限らずミュージシャンの方は、ちょっと弾いてみて、みたいに言われても、グッとくるメロディーとか、おっと言わせるフレーズとか、さらっっと出てくる。

楽器との付き合い時間の不足を、楽器の先生の熟練の指導と、最適化された練習と、プロとしての誇りで克服しているのが、現在のポピパの状態で。すごくうまいんだけど、手慣れた感じがない、という雰囲気になってしまっていて。

「演奏している」をイベントごとに強調しているのは、なんなり言われているからだと思うんですが、他のミュージシャンと違った印象をリスナーが感じちゃってるんでしょうね。

愛美さんって、結構な技術持ってると思うんですが、いわゆるロック式グリップ、親指をネックの外に出した、握り込む感じのギタープレイが、こわごわした感じなんですよね。ミリオン武道館の演奏見てて、すごく思いました。フレーズは弾けてて、音もしっかり出てるのに、動きが拙い感じですごいギャップで。

ギターやってる人なんて、チョーキングいえーいみたいな人多いので(笑)あのグリップには慣れてるというか、あれでできないやつを、親指をネックの裏に添える、クラシック式グリップでやってる、という人が多いんじゃないかと。愛美さんが学生時代リズムギター専任だったからか、逆なんでしょうね。

今日は西本さんが負傷しているので、余計にそういう感じが強調されちゃって。はっしーもセッティングがしっくりこなかったのか、ミスってたし。

昨日のRoseliaの時も書きましたが、こういう時用に、負荷がかからない程度の技術レベルの曲を作った方がいいのかもしれないですね。ライブでイエバンとかのときに、メンバー紹介の間奏入れたりしてますが、ああいうのを曲にしちゃうというか。自己紹介のフレーズも、メンバーに任せるのではなく、決めたフレーズを3,4つ作って場合に応じて使い分けるとか、Eのペンタトニックでなんか弾け、みたいなレベルまで制限してしまうとか。

声優、という職業的にもそっちの方がいいかもしれない。画面から、キャラクターから逸脱してはいけない、セリフの時間は決まってる、みたいな制限の中で、最大限の芝居をするのが声優さんでしょうし。

長々と失礼しました(笑)

トークやガルパプレイは、アドリブ効かせてくれて、すごく面白かったです。お経のようなぽっぴんしゃっふるなんて、ここでしか聴けない(笑)

バンドリ!スペシャトークイベント<アニメ ステージ!>

freshlive.tv

 アニメの話メインのお話し。イラストコーナーとか、さらにフリーダムを増して、司会の方とのコンビネーションもさらに増して、楽しかったですねー。なんかもう、いろいろ笑っちゃって、記憶が飛んじゃってますね(笑)

中里キリさんの記事が出たのでリンク。

news.mynavi.jp

 

アニカラ☆JAPAN スペシャルステージ

 内容は中継がなかったのでわからんです。出演が弦楽器隊なのはなぜなのか、とか思ってましたが、写真を見て納得。手持ちで持っていけるから、だったんですね。彩沙さんのショルダーキーボードもあるんですが、あれは鍵盤押さえても音でませんし。内容とか、どっかに出るんでしょうかねー

BanG Free! ファイナルステージ

トークイベントで告知されました。3月15日のはず。ポピパメンバー全員出演。最後だとは言ってないですが、まあ最後だろうと思うので、勝手に言い放ちます(笑)

いままでもずっとフリーダムでしたが、5人そろうとどうなるのか。岩井さんはなんの役なのか。楽しみです。ゆるいんだろうなあ(笑)

ガルパ特番

アニメ終了後の同じ時間帯で、前・後編でガールズバンドパーティーをフューチャーした番組をやるとのことです。ちゃんとかっこいい番組名があったのですが、忘れちゃって。すみません。公式さんもお疲れみたいで、情報がUPされないので(笑)

AJ2017、バンドリ関係ステージの司会のおねえさん

「好き」にあふれたトークで、番組をまとめてくれた司会のおねえさん。名前書いて喜んでたら、いいね!をいただいたのでご紹介。

春原このみさんです。お堅い方面の方かな、と思ってたんですが、多岐にわたる活動をされてる方のようで、ビックリしました。

演者にバンドリの話でガンガン食い込むし、愛美さんが進行みたいな流れになると、引いて進行の妨げにならないようにしたり、良い感じに司会してくださってましたね。きっちり時間内に終わったのは春原さんの手腕なのかもしれません。

また、バンドリ関連のイベントにかかわってくだされば、いいですね。この後、歌のイベントにも出られてたようなので、ガールズバンドコンテストあたりでもしかして、なんてこともあるかもしれません。

ひとりでイベント任せるのはちょっと怖い、という演者さんのサポートとかに司会で来てくださると、ありがたいなあ、と思ったり。サントライベントの上映会とかね。ブシロードミュージックの方でもまあ、問題ないですが、演者のバンドリに、武道館にかける熱い想いをひきだしてほしい、というのもありますし。

西本さん、弾き過ぎだった

ameblo.jp

指弾きやスラップのしすぎで、腱鞘炎になったとのことで。右手安静中だそうです。

何気にこれって、リバーススタイルの弊害なのかなーと思ったり。基本利き腕で弦をはじいて、反対の腕で弦を押さえますが、西本さんは左利きなので、逆になります。利き腕っていつも使ってる方なので、結構敏感というか、あかんようになったら結構わかるんですよね。逆だと普段から違和感少しあるので、かえってわからない、ということがあったのかなーって。熱い想いとプロ意識が生んだ小休止、ということで。

とはいえ、転んでもただではおきない西本さん、ガルパの左手一本でのExpertプレイ、という技を生み出してしまいました。ガルパイベントで演者さんとプレイ、とかあったら、北斗の拳ばりに「貴様らなど腕一本で十分だ」されちゃうんでしょうね(笑) 当初からすごい腕前でしたけど、さらに上げてくるとは思いもしませんでした。りみりん無双に期待ですね。

一応このエピソード、劇中の牛込ちゃんには反映されないと思います。理由が楽器やってる家族がいるから。牛込ちゃんが左利きだったら、絶対に左で弾くように進めるはず。目立ちますからね(笑)まして、ギタリストならヘンドリックスとかも知ってるでしょうし、余計に。

また、上に書いた、利き腕だと負傷まで行く前に気づくだろうという点、あと牛込ちゃんは作曲もしてるので、西本さんほどもーれつに練習時間を取れないだろうと思われる点、といったところでしょうか。わからんですけどね。

キャラの利き腕はたぶん公表されてないですが、左利きなのに右で弾いてる、という設定はめんどくさいので採用しないかと。リアルなら結構いらっしゃるんですけどね。ミリオンのジュリアもそういう設定ですが、いまだに言われたりしますし。

大塚さんも同じく、左利きなのに右で弾いてる人なんですよね。怪我しないか心配。

明日はガルパに新曲追加ですね。ポピパの「光るなら」。楽しみ。

本日はこのあたりで。ではではー