10 o'clock

10:00のブログです。楽しみの話など。

Argonavis from BanG Dream! についていろいろ妄想してみたり

スケジュールの更新はあきらめました。なんとか続けていきたいと思ってたんですが、心折れちゃいそうになりまして。簡易化のために、Time Treeとか使えばいいのかな。

 

バンドリ5thライブ、すごかったですね。

長尺を感じさせなかった1日目のポピパ、新機軸が投入された本編に出会いと別れの2日目、Roselia。そしてTHE THIRD(仮)。めっちゃ疲れました(笑)

 

argo-bdp.com

そんなBanG Dream! 2DAYSに突如として投入された新プロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」。幕張に向かう電車の中で飛び込んできたこの情報にはビックリしました。

確定してる情報は

  • 男性のバンドプロジェクトである
  • 森嶋さん、前田さん、日向さんがキャスト
  • 7月にライブ

の3点のみですね。追加情報として木谷さんから「ポピパやガルパの世界観とはまったく別」というのが出ました。

これだけの情報で予想しても仕方ないし、マーケティング的なところ(競合コンテンツとかね)を考えても仕方ない。宣伝最強の木谷さんが部下に任せちゃってるプロジェクトですからね。

なんで、いろいろ考えてでてきたわたしの妄想みたいのをメモっときます(笑)

バンド:ARGONAVISについて

プロジェクトの発表の前に、日向大輔さんの響所属発表の告知がありました。この手のリリースが土日にでるのはめずらしいな、と思って見てたのですが、前フリでしたね。日向さんのプロフィールにギターとあったので、バンドの音楽面の主軸は前田さんに間違いない。

前田さんはカードゲームの人な印象。ガンガン行くタイプみたいな印象ですけど、どうなんだろ

バンドの精神的主軸は人柄やキャリアから見て森嶋さんなんだろうな、と。外から見てると、ひたすらに聖人なイメージで(笑)

日向さんギターはおそらく確定ですが、あとはまったくわからない。森嶋さんがベース、前田さんがドラムとかだったら面白いですが、どちらかがVoなのかなー。

いわゆる_時代のポピパみたいに、ライブごとにメンバーが増えていくのかもしれません。ポピパ、Roseliaのリアル部分は「成長」が一番の軸というか、売りみたいな感じですが、ARGONAVISは違う部分を軸にする気がします。森嶋さんが愛美さんと同じ苦労しちゃうと、なんかこう、会社にいじめられてるみたいな印象になっちゃう(笑)

バンド本体に関して想像できるのはこのあたりまで? きっかけの一つとしてアイマスのsideMはあるんだおるけど、ああいう運営の仕方だったら残念だな、と思いますが、スポークスパーソンを木谷さんが請け負ってくれない可能性があるので、前に出て、目をキラキラさせて、夢を語ってくれるスタッフさんがいてくれるかどうかが鍵になると思ってます。

バンドを取り巻く環境

バンドリ追っかけてる人はご存知と思いますが、レコーディングで楽器をプレイしているのは、演者さんじゃなくて、プレイヤーのみなさんです。全員、男性です、多分。

今のバンドリ、ガルパには男性は出さない、と木谷さんが明言しているので、男性がステージに立つ可能性はありません。当然、プレイヤーのみなさんがステージに立つことはないんですね。

しかしARGONAVISは男性のバンドリストーリーなので、これが可能になります。プレイヤーのみなさんはレコーディングだけでなく、アーティストさんのサポートなどで、ライブでたくさん演奏されてるんですよね。

これらの実力者のプレイヤーさんたちが、ARGONAVISの師匠、あるいは強力なライバル格としてステージに立つ、なんてことがあったら、これはむっちゃたのしいことではないか、と。リミッターを外した「先生」(ポピパのレコーディングで弾いてる方々は、演者さんの先生です)方が本気でステージでバンドリ曲を弾いたらどんなんだろう、とか想像が膨らみます。あとElements Gardenのみなさんとかね。ヴォーカルは、Elements Gardenと関係の深い、ポプテピで「時空を越えちゃったりしてる」蒼井翔太さんにお願いすればいいんじゃね、とか、そんな想像して楽しんでました(笑)先生方を外国人設定にしとけば、通訳兼MGRのキャラを声優さんにやってもらえば済むので、アリかなあ、と。

あとはアニソンのカバーで楽しいライブをしてくれてる「流田project」も参戦可能になるな、とかね。仮面の色変えるとかそういう感じで(笑) 桃山さん、穴澤さんはハロハピのレコーディングでプレイもされてるので、縁も深い。

逆はいいんじゃね

ARGONAVISを、完全に女性向けにするなら無理ですが、こちらに女性が出てくるのはいいんじゃね、ということで、流田project with 伊藤美来さんで「釣巻家」とか、あんまりフューチャーするとめだっちゃうので、ちょろっとゲストみたいなので、「原典」「星の鼓動」verのポピパ(りみりんが忍者のやつ)が出てくるのもOKだし、楽しいな、なんて。まったくの別時空なので、同じ名前の別人、みたいな。旧設定の香澄たちも好きな人もそこそこいるんですよね。わたしも含めて。木谷さんのトークショーで、そのあたり訴えてた人がいらっしゃったので、こっちで出番あると、そういう人へのサービスにもなるかな、と。

THE THIRD(仮)

現状、リアルバンドだけのTHE THIRD(仮)ですが、キャラつけてガルパ世界観に組み込まず、ガルパの世界とARGONAVISの世界をつなぐ、「時空を超える魔法少女バンド」的な役割でいてもらう、というのも、アリなんじゃないかと思いました。THE THIRD(仮)は、実力者がバンドとしてのグルーヴをくみ上げていくのを楽しむバンドですからね。ポピパ、Roseliaとは違う。

 

ライブ後の疲労の中で、いろいろ妄想したことメモっときました。ほんと、ブシロードはバンドリと心中する気なんだな、と(笑)

 

その他のライブ感想とか、中島さんがリサねえに与える影響とかは後日元気がでたらメモります。